先輩からのメッセージ

看護助手をやりながら看護師を目指すには
最適な病院だと思います。

看護助手 野村啓

2017年入職
鍼灸師として整骨院を経営していたが、看護師になりたいと強く考えるように。
奨学金制度を利用し、働きながら資格取得をしたいと考え「奨学金」「看護助手」で検索すると六地蔵病院が最初にヒットし、その縁で入職する。

メンターの存在があるから、未経験でも安心して働けるのだと思います。

 看護師になりたくて、働きながら奨学金制度を利用して資格取得ができるということでこの病院に入職しましたが、全くの未経験だったので仕事は想像以上に大変でした。
1週間くらい毎日が衝撃的で、今までとは全く違う世界に足を踏み入れてしまったと心が折れかけていました。
そのような中、同じフロアに業務を教えるのが上手い先輩がいて、色々相談させてもらったり、アドバイスをいただいたりして克服することができたのです。
「助手とは」という本質的なことを体系立てて教えていただきました。
私にとってはメンターを超えて恩人です。
スタートは未経験でしたが、その先輩をはじめ、助手の皆さんや看護師さん、院内の皆さんに支えられて、今は安心して仕事ができているのがとても嬉しいです。

 

挨拶を「自然に」「必ず」する病院だから、スタッフ同士も患者さんともとても親しみやすい雰囲気なのだと思います。

 入職して最初に驚いたのは、職員同士だけでなく患者さんやご家族さんにも「自然に」「必ず」挨拶をするということでした。
入職後間もなく緊張して院内を歩いていましたが、皆さんからの挨拶と挨拶が自然に行き交う雰囲気にとても救われ、すぐに馴染めたことを思い出します。本当に救われました。
そのような雰囲気があるから患者さんやご家族さんともコミュニケーションが取りやすいのだと思います。




 

仕事にも早く慣れることができ、働きがいも見つかりました。

 看護助手の主な業務は、「経管栄養チューブ等の備品の洗浄・管理」「オムツ交換」「体位変換」「入浴介助」「居室の環境整備」等々、患者さんの生活面を支える業務です。
特に患者さんのお体に直接触れる業務を行う際には「どうすれば患者さんの負担を少なくできるか」ということを常に考えながら業務にあたっています。
患者さんから「ありがとう」「楽だったよ」等と言われるととても嬉しく思います。
一生懸命考えて患者さんに向き合い、それを感謝していただくことにとてもやりがいを感じます。
 

これからも看護助手という役割を果たしたいと思います。

 仕事をする上で私野村「個人」はいらないと思っています。
私の感情や価値観ではなく、患者さんが中心にあって、医療チームの中の「看護助手」としての野村が求められているのだと思います。
これからもいまの仕事に集中し、そして看護師になるための勉強を続け、常にスキルアップし続けていきたいと思います。
でも「ありがとう」と言われたらやっぱり嬉しいです。その感情は大切にしたいです(笑)



 

交通アクセス

〒611-0001
京都府 宇治市 六地蔵奈良町9

地下鉄東西線「六地蔵駅」3番出口より徒歩3分
JR奈良線「六地蔵駅」徒歩5分
京阪宇治線「六地蔵駅」徒歩8分
駐車場 41台完備

お電話でのお問い合わせ

0774-33-2132

総務課採用担当