先輩からのメッセージ

患者さんからの「ありがとう」が
何より嬉しい。
看護助手は私の天職。

看護助手 吉村仁美

高校卒業後、看護師を目指して看護助手として病院に勤務。
その後、介護施設での勤務を経て当院に就職。
現在は回復期リハビリテーション病棟にて勤務。

看護師を目指す中で見つけた看護助手の仕事

看護師を目指していた母の影響を受け、高校卒業後、私も看護師の道を考え始めました。まずは医療の現場を見てみたいと考え、病院の中で看護助手として働きはじめました。経験を重ねていく中で、看護助手は患者さんに一番近い立ち位置で仕事をできる職種であることに気が付きました。シーツ交換や、食事・入浴介助など身の回りのお世話をする仕事ですので、常に患者さんのそばで、快適な入院生活を送っていただけるよう、心身のサポートを行っています。リハビリ後の患者さんの腰をマッサージしてあげたり、独りで淋しそうにされている方にはお声掛けをし、お話を聞いたり。そんな関わりを通じて患者さんから「ありがとう」の言葉を多くもらいます。その言葉が何よりも嬉しく、患者さんに近い立ち位置で働けるこの仕事は、自分に合っているなと思い、看護助手の仕事を続けていきたいと考えています。


 

言葉にできない心の声をキャッチしたい。

私が勤務している回復期リハビリテーション病棟は、脳血管疾患や大腿骨頸部骨折などの治療をした後の、身体機能回復を必要とする患者さんが入院しています。最近では認知症の方も増えていて、全体的に意思疎通が困難な患者さんが多くいらっしゃいます。例えば、「痛い、痛い」と口癖のようにおっしゃる高齢女性の患者さん。しかしそれは口癖ではなく、もしかしたら疾患や骨折等の重大なトラブルが発生しているかもしれません。話しかけても寡黙な男性患者さん、もしかしたら要望があっても遠慮して言えないのかもしれません。
私はそんな方々の言葉に出てこない心の声をキャッチできるような、プロの看護助手でありたいと思っています。
 
 

お仕事説明会をぜひ聞いてみてください。

私は転職をする際、人材紹介などは使わず、自分で職場を探していました。数多くの病院に問い合わせをして、資料を取り寄せ、興味がある病院には訪問して看護部長さんのお話をお聞きしたり、見学をさせてもらっていました。そんな中、当院の「お仕事説明会」は病院のことを知る機会として、とてもよかったと感じています。説明会の中で地域での当院の立ち位置や経営方針、具体的な業務内容などを丁寧にお話いただいたので、実際に自分が病院に入った後の業務イメージがつきやすかったです。さらにその場で応募もできたので、スピード感もって転職活動を進めることができました。多くの病院の説明をお聞きしましたが、私は当院の説明が一番わかりやすかったです。少しでも当院に興味をもっていただきましたら、ぜひ「お仕事説明会」に来てください。きっと私たちの病院、職場の雰囲気が良く分かると思います!


 
★★お仕事説明会はコチラから★★

 
 

交通アクセス

〒611-0001
京都府 宇治市 六地蔵奈良町9

地下鉄東西線「六地蔵駅」3番出口より徒歩3分
JR奈良線「六地蔵駅」徒歩5分
京阪宇治線「六地蔵駅」徒歩8分
駐車場 41台完備

お電話でのお問い合わせ

0774-33-2132

総務課採用担当