先輩からのメッセージ

当院の看護部長を
看護師人生の集大成として、
患者さんから信頼される
病院づくりを目指す。

看護部長 山口裕美子

2017年入職
熊本県出身。地元の看護学校を卒業後、熊本県内の病院勤務を経て、27歳の頃に大阪の急性期病院で勤務を経験。1998年に専門病院で看護部長に初就任。就任当事、新病院の建て替え工事が計画されており、病床編成や人材確保、教育体制の構築に多くの時間を費やしました。

40年近い看護師人生の集大成と思ってがんばる。

 看護師の資格を取得して、気づけば40年近い年月が経過しました。その間、「急性期病院でもっと知識を深め自信を持って看護をしたい」という思いで、地元の熊本から一念発起して大阪へ出てきました。看護部長という役職に初めて就いてから、約20年が経ちました。数々の失敗もありましたが、医師、師長、先輩の看護部長、後輩ナース、コメディカルの管理者、そして患者様との出会いがありました。いろいろな事がある度私をもりたてて頂き、看護部長職を全うできたと思っております。看護師人生を振り返れば少し大袈裟ですが、「挑戦」の連続でした。「そんな経験を活かしてほしい」とご期待をいただき、当院の看護部長という責任ある役割を拝命しました。看護師人生の集大成と思い、がんばろうと思っています。
 

看護部理念がベースの改善策を今まさに推進中。

 看護部理念は「社会の変化や医療の進歩に伴い『患者様にとって良い看護とは何か』を常に考え、専門職としての責務を果たす」としています。理念達成のため、教育プログラムの再構築や看護部の組織化をはじめ、一人ひとりが患者様の思いを受け止めるために豊かな感性を持ち、専門職としての自律・サービス志向を優先したスキル向上のための人材育成と環境づくりに力を注ぎたいと思います。





 

働き方が選択できる病院

 当院は急性期病棟・回復期リハビリ病棟・包括ケア病棟・障害者病棟・訪問看護と多様な機能を併せ持つ施設であり、看護師としてのキャリアや結婚・出産・育児とライフスタイルの変化に応じて職場を選ぶことも可能です。現在も多くの子育て中の看護師が活躍しており、まわりの理解が得られやすく働きやすい環境だと思います。
 

活動方針のもと、温もりある看護を実践していきたい。

 医療法人和松会は1982年の創設以来、地域のみなさまのニーズにお応えしながら歴史を重ねてきました。看護部としては「患者様の人権を尊重し、地域のみなさまに信頼される看護を提供する」「根拠に基づいた安全な看護を実践し、他部門と共同してチーム医療の向上を図る」「専門職業人として自己の能力を開発する」「病院の健全経営に参画する」という4つの活動方針を掲げ、患者様に寄り添い、患者様の安全とより質の高い看護の提供を目指して自己研鑽に努めています。今後も高度化・多様化する医療サービスに対応するため、柔軟に考え行動し、患者様を尊重した温もりある看護を実践していきたいと考えています。
 

交通アクセス

〒611-0001
京都府 宇治市 六地蔵奈良町9

地下鉄東西線「六地蔵駅」3番出口より徒歩3分
JR奈良線「六地蔵駅」徒歩5分
京阪宇治線「六地蔵駅」徒歩8分
駐車場 41台完備

お電話でのお問い合わせ

0774-33-2132

総務課採用担当