先輩からのメッセージ

医療分野の仕事は
全く未経験だった私に、
自信がつくまで
丁寧に教えてくれました。

看護助手 今井舞

2015年入職
高校卒業後、冠婚葬祭業でのアルバイトを10年近く経験。出産を機に正社員雇用で働ける職場を探していたところ、当院で働く友人からの紹介で面接を受験。医療分野は全くの未経験ながら、看護助手として勤務を始め、現在に至る。

ようやく医療分野との縁ができたという気持ち。

 実は、祖母が看護師長として働いていた人だったんです。だからいずれは医療の分野に、という気持ちはあったものの、なかなかきっかけはありませんでした。前職の冠婚葬祭業のアルバイトは、ご想像の通り体力的にも精神的にもキツい仕事ではありました。それにアルバイトなので、勤務時間も給与も不規則。子どもができたのをきっかけに、もう少し安定した仕事に就きたいと思っていたところに、当院で働く友人から紹介を受けましたが、自分の中では「ようやく医療分野との縁ができたか」というのが正直な気持ちでした。今は看護助手ですが、まずは介護福祉士の資格を取り、その次は看護師に、と思っています。
 

思ったより介助が必要な患者さんが多く、驚く。

 現在は地域包括ケア病棟で、看護助手の仕事をしています。具体的には、患者さんの入浴や食事、排泄などの身の回りのお世話に始まり、検査の際に必要な書類を用意して届けたり、などなど。この病棟は原則として2カ月で自宅へ帰ることを目標とした患者さんが入院される病棟なのですが、思っていた以上に介助の必要な患者さんが多いことに驚いています。退院後は実際にご自宅へ帰られる患者さんももちろんいますが、中にはそのまま特養などの老人福祉施設へ入られる方もいます。ご家族から相談を受けることもありますが、自分でできることできないことを明確にし必要な時は看護師に報告するなど一つでも少しでも笑顔で退院いただけるように努力を続ける毎日です。
 

がんばりを見ていてくれている人はいるものだ。

 当院での看護助手の仕事は体力的にも精神的にも厳しい面もありますが、前職の頃と比べるとそこまでではない、というのが正直なところです。それに看護師長をやっていた祖母が常日頃言っていた「人が嫌がるような仕事を率先してやりなさい。いつか必ず返ってくるから」という言葉が、心の支えになっています。実際に自分のがんばりを見ていてくれている人はいるもので、患者さんの中には「いつもありがとう」という言葉をかけて下さる方も少なくありません。そんな瞬間は、祖母の言っていた通りだなあ、と感慨深くなりますね。
 

「もういいよ」というくらい丁寧に教えられた。

 私は当院に来るまで、医療分野での仕事は全くしたことがありませんでした。だから入職した当初は「自分で務まるのだろうか」と、不安しかありませんでした。そんな私を励ましてくれたのは、ベテランの看護師や看護助手の先輩たちでした。とても優しく丁寧な教え方をして下さる方ばかりで、言葉は悪いですが「もういいよ」というくらい丁寧に教えていただけたので、本当に助かりました。最初はオムツ交換ですら、何をどう触っていいかわからないような状態だったのが、一人でできる自信がつくまでしっかり教えて下さったのが印象に残っています。それに子育て中の方や子育てを終えられた方も多いので、まさに子育て中の私の気持ちを汲んで下さるのが、ありがたい限りです。
 

交通アクセス

〒611-0001
京都府 宇治市 六地蔵奈良町9

地下鉄東西線「六地蔵駅」3番出口より徒歩3分
JR奈良線「六地蔵駅」徒歩5分
京阪宇治線「六地蔵駅」徒歩8分
駐車場 41台完備

お電話でのお問い合わせ

0774-33-2132

総務課採用担当